繊細にやさしく

初めてのマツエクは友人の結婚式に出席する数日前でした。数日間の間はマツエクを失わないように気をつけて洗顔し、顔を拭くようにしていました。またマツエクのスタッフからはマツエクにも使えるクレンジングを探して使うように言われました。マツエクをした帰りに薬局に寄りクレンジングを探しました。マツエク対応のクレンジングはジェル状のものか、水のように軽いものの2種類でした。私はコットンにつけて細かいところまでクレンジングできる水状のクレンジングを選びました。マツエクのデザインなどをこわさないように毛並みにそって優しく落とした後落ちにくいところは綿棒で丁寧に落としました。そして水で洗い流した音は目以外の場所をタオルで拭いた後、タオルがマツエクに引っかかることのないように鏡で確認して拭くようにしました。
同じくマツエクをしている友人は常にマツエクを施しており毎日そんなに気を払えないようねと言っていました。彼女はジェル状のマツエク対応クレンジングで目以外のパーツをいつも通りクレンジングしたあとそのまま目元をまつげの毛並みにそってなぞるようにしていると思いました。私はマツエクの毛並みにそってクレンジングすることが一番大切だと思います。目元はいろんな方向にこすってしまったりするとマツエクの角度やデザインが変わってしまってり、最悪の場合逆さまつげのようになってしまうと思います。またマツエクはノリで1本1本付いているため洗顔後にはドライヤーの冷風で乾かし少しでも持続するようにしていました。また根元のノリがはがれるとマツエクが取れやすいのでより根元に気を払い扱っていました。

>>マツエク化粧落としオススメはこちら